• 社会福祉法人 梅花福祉会 採用情報はこちらから
  • 梅花保育園ホームページへ

 

園の概要

創立の理念・方針

Photo:創立者01

梅花福祉会は芯の強い子どもを育てる

創立者 小林孝三は、茨城県にて育ちました。
茨城県には「偕楽園」という梅の名園があります。
梅の花は、寒い季節の終わりを告げる花、他に先駆けて凛とした姿で咲き誇ります。
そんな梅の花のように、逞しく・気品のある子どもに育てたい。
梅花福祉会は創立者のこの思いを尊く思い、創立の理念として大切に守っています。

Photo:創立者02

梅花福祉会はナイチンゲールの看護の姿勢に学び、
子ども達を健やかに育てる

「我が生涯を清く過ごし我が任務を忠実に尽くさん」
「我は我が力の限り我が任務の標準を高くせんことを努むべし」
(ナイチンゲール誓詞より抜粋)

戦後、医師会立高等看護婦養成所の教務主任を務めたのち、保育園を開設しました。
梅花福祉会は創立者の経験と知恵を誇りに思い、創立の理念として大切に守っています。

コウガの森・共和が考える教育・保育について

1)私たちが考える「芯の強い子ども」を育てる教育・保育

Photo:

  • 自分のことは自分でやろうとする
  • 最後まであきらめない
  • 我慢強い
  • 思いやりがある
  • 協調性がある
  • 人が嫌がることでもやろうとする

達成感は自信となり、挑戦する意欲や様々なことへの興味・関心に繋がります。

毎日決まったことをやり続けることによって、努力することをします。

様々な経験を通して感動し、驚き、共感する気持ちを持つことができます。

みんなで協力して一つのものに取り組むときに「一人ひとりが大切」と知ることができます。

年長者を敬い、年下を労わることを、日常の保育の中で学びます。

2)私たちが考える「子どもたちを健やかに育てる」教育・保育

毎日の朝礼・運動プログラム、午前中にたくさん身体使い、基礎体力を培います。

梅花農場での野菜栽培や、園内でクッキング、魅力的なランチメニューで豊かな食育を。

看護師と全員で健康診断をいたします。